衛生問題が世界規模で大問題になる

韓国が混乱している。経済も政治もそしてスポーツもボロボロになっている。

特に造船業などの製造業そしてスマホなどの新しい技術産業などの業績が悪化。もうどうしようもないくらいに赤字化してしまった。

このままだと韓国という国自体が国家倒産してしまう可能性まで出てきた。

そうなったらたいへんだ。

防衛問題や貿易などいろんな面で日本も無傷ではない。

それに問題となるのが、衛生問題だ。これは確実に大問題となるはず。韓国に限らず朝鮮半島というのは、昔から不潔極まりない社会だった。

ミニ中華と言われるくらいに汚物にまみれた社会でそれを清潔な社会へと変えたのが、朝鮮総督府だった。

これは揺るぎようがない現実だ。その日本統治時代の遺産である清潔さがここ数年で最悪なレベルに下がってきている。

わかりやすいのは大腸菌だ。今の時点で韓国はすでに大腸菌大国になっている。

基本的に手を洗うという習慣が韓国の人にはないので、食品は大腸菌だらけになっている。

こういうのは、女性の肌などにすぐに現れてくる。

近年、日本で韓国ブームが去ってしまった理由の1つに衛生問題を言う人が少ないのが不思議だ。

韓国女性の美しさは間違いなく劣化している。

それに比べて日本人女性はこれだけ不況で痛めつけられても美しさが失われていない。

おそらく、日本女性は天然の肌の美しさでは現在、世界一だと思う。

それはやはり、日本社会が衛生面で非常に優れた社会だからだと思う。

そういうのが、商売でよく現れてきたのが、日本のアダルトコミック業界だ。昔はロシア人だとか東欧ヨーロッパなどの白人女性がモデルでヒロインになっているアダルトコミックがかなりの人気になった時があった。

しかし、今はそんな作品は、全くなくなってしまった。

師走の翁などが制作する新しいタイプのアダルトコミックが大人気になっていて自然の美しさをもった美しい日本人の美女がヒロインとして、どんどん登場している。

だから、FANZAのようなスマホ対応のアダルトコミック配信サービスが絶好調だ。

アダルトコミックのような産業はもう衰退産業だなどと言われていたが、そんな意見はもう過去の話。

スマホですぐに見られること、それから、価格の安さなどが非常に好評で、これからのスマホ関連ビジネスの中核を担う可能性まで出てきた。